色々と文句を言う人の理論

色々と文句を言う人の理論

最近、色々と文句を言う人が近くにいて、ふと思うのだけど、大抵文句を言う人はリスクを取って動くことが出来ない人なのかなと。

そして、失敗や欠点を見つけると、その原因を指摘して、徹底攻撃して自分のできている部分を強調して安心するんだろうなと。

文句を言う人は「叱り方」を知らないのだろうなと。「怒ること」と「叱ること」とは、似て非なるものだと個人的には思っている。

「怒ること」とは基本的に感情的な感じで、責めるだけで前向きではない。しかも、自分の都合良いように動かないから「怒ること」がほとんど。議論中に怒るのとか、端的な例。だから、怒られた人達は怒られないようにするために、嘘を付いたり、隠したりするようになる。怒った人達は自分が怒ったからそうなったと思わず、相手の人間性を責めて、相手のせいにする。そう、基本的に怒る行動自体が自分の希望に沿っていないから行っているのだけど、それに気づかず相手が悪いと決めつけているからなんだよね。そして、自分の周りには結果として本音を言ってくれる人が居なくなるという。

それに対して「叱ること」とは、責めはするけど、何が悪かったのかということと、今後どうしたら良いのかを一緒に考えることだろうなと。尊敬できる親や学校の先生などはこれがしっかりと出来ている。そうすると叱られた人は自分で考えるようになる。そうして、叱られないように考えて行動が出来るようになる。これを、面倒だけど何度もするのが教育かなと。

大人もそうだけど、子どもは尚の事、繰り返さないと出来ない。最近、なんか頭のなかに残っている山本五十六さんの名言を思い出すとやっぱり真理だなと思う。

まあ、私もこんな偉そうな事書いているけど、全然出来ない人なのでもっと努力しないとなと。爆

次期バージョン、WooCommerce2.7のお話

次期バージョン、WooCommerce2.7のお話

この記事はWooCommerce Advent Calendar 2016の15日目の記事です。

ふう。先週、ちょっと某所のメールアドレス乗っ取り事件など予定外の仕事が急遽入ったりして、仕事が詰まってしまって、大変でした。

さてさて、来年2月(多分下旬)に公開予定の WooCommerce 2.7 の最新情報をお送りします。

β版が2016年12月15日にリリースされたので詳細はこちらのブログで公開しておりますので、御確認ください。

WooCommerce 2.7 β1 バージョン公開

さてさて、今回のアップデートは結構トラブルが発生する可能性があります。特にテーマやプラグインに起因する障害は前回の2.6以上に多い可能性があります。

まずは、CRUD関数への移行に伴うテンプレートの変更は大きいです。正直、ズレは怒らないかもしれませんが、以前のままですと表示速度の改善が見られない可能性などがあります。

特に変わるのが、商品ページの画像表示。今まではテーマなどで変更されていた画像ギャラリーの色々な見え方が標準で対応出来るようになりました。ズームとか色々出来るようになったので、素敵なのですが、過去のテーマを使っているとズレることもあるかもです。あまりないと思いますが、javascriptの競合なども可能性としてはあります。

詳しい部分は上記の記事を見てもらえたら分かるかと思いますが、プラグイン等が問題を起こす可能性がありますので、各バージョン対応状況などを把握した上でアップデートする必要があります。

βバージョンが公開されましたので、保守運営をされている方は早めに動作確認を進めることをお勧めします。正直β2ぐらいからでいいとは思いますが。

ちなみに、今度のコードネームがBionic Butterflyというのですが、ロボット蝶?とでも約したら良いのでしょうか?はじめて、昆虫というか虫のマスコットが表れそうです。

マスコットのデザインも結構楽しみな感じです。

あと、色々な所で公開されている情報から、Apple Payの決済プラグインが開発を開始したそうです。また、Salesforceと連携するプラグインも開発が開始されています。

世界的な広がりはまだまだ進めていくような感じですね。

WooCommerce にも最適な KUSANAGI の訳 〜 WooCommerceの開発者とECサイト運営者の視点

WooCommerce にも最適な KUSANAGI の訳 〜 WooCommerceの開発者とECサイト運営者の視点

どうも、 WooCommerce をいじり倒している田中です。

この記事はKUSANAGI Advent Calendar 2016 16日目のエントリーです。

他の皆さまが技術的なKUSANAGI が早いよ〜!と言う事を書かれているので、筆休めといいますか、「技術のこと分からんけど、KUSANAGI ってどういう場合に最適なの?」と言う事を、運営といいますか、経営などの視点から出来るだけ分かりやすく書いてみようと思います。

さてさて、「KUSANAGI = PHPのCMS系などが爆速になる」というイメージを多くの方がお持ちかと思います。はい。その通りです。ですが、他の選択肢がないの?と言いますと、それはもちろんあります。ですので、ネコも杓子もKUSANAGI が良いとはならないと思います。ですが、以下の2点で考える時には良いのではないかなと。

  1. サーバー構築及び運営費用をあまり出せない
  2. サーバー会社を限定できない

サーバー構築及び運営費用をあまり出せない

まず、爆速のサーバー環境にしたい場合に多いのが、そのサイト及びサービス独自にサーバー技術者などが付いて、独自にサーバーをカスタマイズしていくというパターンです。
それ以外にAWSなどに多いのですが、KUSANAGI のようなパッケージがあり、それを導入するというパターンです。
上記の2点は簡単に言うと、メリットとしては自由に色々とやることが出来ますが、デメリットは費用です。技術者を雇ったら人件費が掛かりますし、パッケージ使用料がかかるパッケージが多いです。(※もちろん、パッケージ費用のかからないものもあります。)

ということで、お金が湯水のようにあって、ガンガンやるんだ!という方々にはKUSANAGIは一つの選択肢でしかありません。
ですが、初期導入やスタートアップ、もしくはアーリーステージのビジネスをされている所では、サーバー運用費がそこまで出せないのは現実問題としてあります。そういう方々には運用・サーバー構築作業を含めコストメリットはかなりあるかと思います。また、適切なクラウドサーバーを選べばスケールアップもサーバーを変えること無く出来ますし、儲かったらKUSANAGI を開発しているプライム・ストラテジー様に直接サーバーの保守などのお手伝いしてもらうことも出来ます。

「KUSANAGIフルマネージドサービス」

サーバー会社を選択したい

また、大手企業様では、色々な政治的な関係で使えるサーバーが制限と言うか限定されることがあります。「当社はMSと取引が多いので、Azureを使いたい」とか、「IBMでサーバー契約しているからIBMでの契約をしたい」とか「GMOとの取引が多いからGMO系のサーバーが良い」などなど、良い悪いは別として、そういう事が日本の大企業や中規模の企業ではよくあるのですが、KUSANAGI は多数のプラットフォームに対応しているので、融通が非常に効きます。

KUSANAGIがご利用いただけるパブリッククラウド

 個人的な意見としては、クラウドサーバー系で技術などにおいて AWS がやはり一歩先を行っていると思っておりますが、現実問題としてこういうことがあるので、KUSANAGI は様々な企業内で提案しやすいサービスだと思います。(ちなみに、KUSANAGI は AWS でも使えます。)

と、ここまでが経営者的に視点での、KUSANAGI が良いんじゃないかなと思われる点です。書いています通り、上記のような条件の時に良いだろうということで、そんな条件が無ければKUSANAGI を選択肢の一つとして考えれば良いと思います。サービスにはそれぞれにメリット・デメリットがありますので。

次からは、ECサイトを運営する立場といいますか、私の本業というか WooCommerce に絡むKUSANAGI が良いんじゃない?という部分を書きたいと思います。

  1. ECサイトはキャッシュ処理でページ表示速度を上げたくない
  2. アクセス数よりもセッションやクエリー処理が気になるECサイト
  3. 手動でもスケール(メモリなどの増減)が出来ればとりあえず大丈夫かな?

ECサイトはキャッシュ処理でページ表示速度を上げたくない

ECサイトの場合、急な商品価格の変更や売れ筋商品ランキングなどリアルタイムに変更してそれを表示したいという必要があります。その時にキャッシュ処理がされていて、更新がされないというような事が起こると非常に困ります。ですので、キャッシュ処理をしなくても十分早く表示できるサーバーのほうが良いのです。
WordPressのキャッシュプラグインの中には、ページが更新されたらキャッシュを削除する処理などがされていることが増えてきて、価格変更などには更新作業をするので問題ない場合もありますが、商品ページで在庫を表示する場合やウィジェット的な部分などで商品ランキングなどを行うと、やはり全体としてキャッシュ無しで動かせた方が良いのです。
また、買い物カゴ(カート)処理や決済処理のページはキャッシュ化するとそもそも問題が発生するページがありますので、キャッシュ無しで早いというのは魅力的な部分なのです。
もちろん、KUSANAGI の機能の中にキャッシュ処理があります。ですが、そもそもの開発の経緯の中でキャッシュ処理をしなくても早く動かせる仕組みがなされています。これは、意外とECにおいては重要です。

ただ、もちろん商品ページの表示速度はECにおいては死活問題です。商品ページを表示するのに時間がかかる場合、商品購入の意志が弱くなるということは経験的にも、研究結果としても証明されていますので、商品ページの表示スピードは大事です。それにおいて、KUSANAGI のキャッシュ無しでの処理能力は十分だと思います。商品ページのコンテンツ内容にも寄りますが。

アクセス数よりもセッションやクエリー処理が気になるECサイト

そもそも、ECサイトはコンテンツサイトと比べてアクセス数が少なくても収益化が出来ます。

コンテンツサイトはPVを多数稼いで、その上に広告を表示したりアフェリエイトリンクを表示させることによって収益を出しています。ですので、広告クリック率が2%でワンクリックの収益が10円だったとした場合、10万円稼ぐためには50万PVが必要となります。
計算式:100,000円(売上)÷10円(ワンクリック)÷2% = 500,000(PV)

それに対してECサイトの場合は、平均顧客単価が6,000円で粗利率が40%で購入へのコンバージョン率が1%で平均閲覧PVが7PVだったとした場合は、約3万PVで大丈夫なのです。
計算式:100,000円 (粗利益)÷(6,000円×0.4)÷ 1% × 7PV = 29,166…..(PV)

あくまで、この数値はザックリとした一般的な数値を想定したものです。コンテンツサイトの状況や、ECサイトの取扱商品などによって大きく変わるのですが、一般的な感覚では大きなズレはないと思います。ということは、ECサイトの場合はアクセス数に耐えうるサイトよりも、カート処理が同時に沢山できるサイトが非常に大事な要素になります。そういう点でもKUSANAGI は十分な処理能力を持っています。

手動でもスケール(メモリなどの増減)が出来ればとりあえず大丈夫かな?

これは、アクセスの集中という問題です。ECサイトである話なのですが、福袋やセールのシーズンにはアクセスが集中してサーバーがダウンする事があります。ただ、常にアクセスを集中するかもしれない状態に備えていてはサーバーの運用コストが高くなってしまいます。ですので、売上が上がる時期だけサーバースペックを上げることが出来るサーバーであれば、サーバーの移行などをしなくてもスムーズにサイト運営することが出来ますので、メモリなどを増減できるパブリッククラウド系のサーバーを選べば非常に便利です。
もちろん、アクセス数などを判別して自動的にスペックを増減できるシステムも便利は便利ですが、運営者がサイト状況を把握しながらすれば、良いという点ではとりあえず増減処理がリアルタイムに出来ればそれでいいかな?と思います。

単純なアクセス集中シーズンに限らず、ECサイトというのはリピータ客を囲い込み売上を上げていく形を目指すことが多いので、中長期的にもサーバースペックを上げていくことが多いです。この場合もクラウド上でメモリなどをアップグレードしていくことが出来れば、サーバーの移転コスト等を考える必要がなくなります。

最後にECは継続運用できるシステムや環境が必要

そして、最後にKUSANAGIが EC サイトにとって良いと思われる理由の一つは、KUSANAGIはオープンソースライセンスです。ちょっと不謹慎な事を言いますが、万が一プライム・ストラテジー様が買収されたり方向転換をされたとしても、ユーザーが多ければオープンソースライセンスは多くのコントリビューターによって、大抵生き残ります。現在、ユーザーが増えている現状のKUSANAGIを見る限り、サービスの継続性はかなり高いのではないかと思います。

また、同様の理由で世界の30%のシェアのあるWordPress上で動き、ECサイトの30% を占め、Automattic が運営している WooCommerce は継続性の可能性が非常に高いので、是非ともECサイトを検討される場合は、WooCommerce 及び KUSANAGI のセットをご検討ください。

ちなみに、KUSANAGIとWooCommerceの関係は良いですよという記事はこちらを参考に。

KUSANAGIでWooCommerceを使ってみよう!

と自分の関連するサービスを結びつけて、お後がよろしいようで。爆

最後に:私の経験上、サーバーやサービスは一概にこれが良いということは無いです。サイト及びサービス運営者の状況や条件・環境によって変わりますので、あくまで参考意見としてこの記事を御覧ください。

WooCommerceの定期購入のAction hook -その1-

WooCommerceの定期購入のAction hook -その1-

定期購入のプラグインを色々と開発しているので備忘録がてら、こちらで公式サイトの内容を翻訳します。定期購入のプラグインを作ろうと思っている健気な方はご参考にいただければと思います。爆

結構大変です。ちなみに、一般的な決済に関する部分は2016年5月現在では頑張って下さい。私が将来余裕が出て作ることが出来たら説明ページを作るかもしれませんが、今の所作る予定がないので。

では、以下のページの翻訳(誤訳があったらゴメンなさい)です。

Subscriptions Action Reference

アクションフック名 : ‘scheduled_subscription_payment’

フック説明 : 定期決済が定期的に行われる際に必要です。例えば、毎年50ドルの定期購入の場合、このフックは1年に1回、最初の購入した時に実行されます。的購入のsubscription_key と user_id は、このアクションにフック関数を通して渡されます。


アクションフック名 : ‘scheduled_subscription_payment_{$gateway_id}’

フック説明 : ‘scheduled_subscription_payment’アクションのように定期購入の支払が行われる度に実行されます。違いはこれは決済方法ごとに対応を変えることができるということです。渡されるパラメーターも変わります。subscription_key と user_id の代わりに、$amount_to_chargeで支払総額(様々な商品代以外の価格を含んで)を渡し、購入された定期購入はWC_Order オブジェクトに含まれ、 WC_Product のIDが定期購入商品です。


アクションフック名 : ‘scheduled_subscription_expiration’

フック説明 : WP-Cron の処理が実行され、定期購入の期限が切れる場合に実行されます。 定期購入の subscription_key と user_id がこのアクションにフック関数を通して渡されます。


アクションフック名 : ‘woocommerce_subscriptions_activated’

フック説明 : WordPressのサイトで WooCommerce Subscription plugin が有効化された時に一度だけ実施されます。


アクションフック名 : ‘woocommerce_subscriptions_deactivated’

フック説明 : WooCommerce Subscription plugin が無効化された時に一度だけ実施されます。


アクションフック名 : ‘woocommerce_subscriptions_product_options_pricing’

フック説明 : 管理者ページで商品価格オプションが編集された時に実行されます。


アクションフック名 : ‘activated_subscription’

パラメーター :
$user_id Integer 定期購入が有効になった人のユーザーID。
$subscription_key String ユーザーアカウント上で有効になった定期購入のキー。

フック説明 : $subscription_keyで特定され、$user_idで有効であると特定された定期購入に関してこのアクションはトリガされます。


アクションフック名 : ‘cancelled_subscription’
パラメーター :
$user_id Integer 定期購入がキャンセルされた人のユーザーID
$subscription_key String 定期購入がキャンセルされた定期購入キー

フック説明 : 定期購入が管理者によってキャンセルされたり、決済システム側でキャンセルされたり、ユーザーアカウント上でキャン申された時に実行されます。


アクションフック名 : ‘subscription_end_of_prepaid_term’

パラメーター :
$user_id Integer 定期購入がキャンセルされた人のユーザーID
$subscription_key String 定期購入がキャンセルされた定期購入キー

フック説明 : 定期購入がキャンされるされた後に、現在稼働している定期購入が終了する時に実行されます。例えば、毎月更新の定期購入を3月1日に購入していた人が、3月15日にキャンセルするとその時に’cancelled_subscription’が実行され、購入完了している定期購入が終わる4月1日に’subscription_end_of_prepaid_term’が実行されます。バーチャルな商品、例えば会員費用などを定期購入で利用されている場合は’cancelled_subscription’フックよりも、このフックを使ったほうがいいです。’subscription_end_of_prepaid_term’フックは内部的にキャンセルの際のユーザーの権限を変更に使われています。


アクションフック名 : ‘subscription_expired’

パラメーター :
$user_id Integer 定期購入の有効期限が切れているユーザーID
$subscription_key String ユーザーアカウントでの有効期限が切れている定期購入キー

フック説明 : 定期購入を購入した時に設定されている期間が満了した時に実行されます。このイベントはWooCommerce Subscriptionsがcron-jobによって有効期限が切れているそれぞれの定期購入に対して、また決済プラグインによってWC_Subscriptions_Manager::expire_subscription()関数から直接実行されます。


アクションフック名 : ‘subscription_put_on-hold’

パラメーター :
$user_id Integer 定期購入の所有者のユーザーID
$subscription_key String 保留にされた定期購入のキー。

フック説明 : 定期購入が保留(一時停止)された時に実行されます。定期購入が捕虫される時とは以下です。

店舗管理者が手動で定期購入を一時停止した時。
購入者がアカウントページで手動で定期購入を一時停止にした時。
(定期購入が自動更新で一時停止になった際に、次に手動で支払いが行われるまで一時停止することもあります。詳細は定期購入の更新ガイドをごらんください。)

入院と結石と私〜2016 中編

入院と結石と私〜2016 中編

どうも、田中です。病院から書き込むという事態になっております。(笑)
なんだか、書いていたら結構な長文になっていました。ご容赦を。

尿路結石に苦しまされるだけならいざしらず、なんとインフルエンザにも苦しまされるという、とんでもない状態になってしまいました。泣きっ面に蜂とは、こういうことを言うのかなと心折れながら手術を待っております。そうなんです。本日再手術です。

さてさて、前回どこまで書いていたっけ?

そうそう、広島で痛みが出て、その後病院に行ったという話ですね。病院に行きましたら、Y先生から「これは、大きいね。もう、今日手術しちゃう?」的なナンパされるような感覚で手術を促されてしまって、一瞬「はい?」という状態だったのですが、「ナンパされる人はこんな風な感じだったのか?」とか、わけの分からないことを考えながら「早めに治るなら、さっさと手術した方が良いか」と思って手術しました。その手術が以下の手術です。

体外衝撃波結石破砕<ESWL>

簡単に説明すると、体の外(背中の下腹部)から衝撃波を毎秒1回程度で約1時間当て続けるという手術というか処置というか。一応れっきとした手術です。衝撃波を当てられる時の感覚は、背中にゴムパッチンされているような感じです。痛みに関しては個人差が激しいようで、私はまあまあ痛かった方なのか、最初は全然だったのですが、30分ぐらいしてくると急に痛くなってくるという、奇妙な痛み方を体験しました。やはりこの痛みに対しては個人差が激しいようで、先生曰く「痛い人は痛い、痛くない人は痛くないよ」と当たり前なんですけど、納得できるご説明を頂きました。

で、手術が終って、通常であれば半数以上が、結石が砕けて、オシッコで出てくるのを待つという状況なのですが、、、、。日頃の行いが悪いのでしょうか?見事にちょっと削れただけであまり変わらずで、強力な痛み止めを連日使って仕事をするという、集中力も持続できないし、痛みで睡眠時間も少ない上に薄いしという状態を1週間ほど我慢して病院に行った所、「こりゃ、硬いは。もう次の手術するしか無いね。」とあっさり『経尿道的尿管結石破砕術(TUL)』を実視することが決定。その準備として、『尿管ステント留置術』という手術をうけることになりました。また、こちらも、前回のナンパ的対応と同じ「今日やってく?」みたいな感じでその日にすることに。

尿管ステント留置術関連情報

これが、ちょっとだけ誤算。手術自体は予想通りの痛さだったのですが、手術は普通簡単に10分ぐらいで終わるらしいのですが、約40分ぐらい?先生二人で「おかしいねえ〜」「なんでかな~」とか言いながら手術。そうなんですよ、局部麻酔なので先生たちのやり取りが聞こえて、先生たちの実況中継付き。まあ、原因は手術の初期の段階で判明したのですが、私が大腸全摘手術をしていて、大腸って内臓の中では結構デカイものなので、それを全部取っちゃうと内臓の配置がやっぱり少し変わっちゃうんですね。それで尿管が通常なら真っ直ぐなのですが、グネグネ曲がっているということなんです。

「こうかな?こっちからかな?」「あ、先生痛い!」とかの艶めかしいやり取りをやりながら、最後に貫通した時は「おおおお!いった!」等と先生も喜ぶ始末。笑 現場で医者と患者の一体になった手術でした。爆

で、なんとなく予測できる方は出来るかと思うのですが、この処置は通常あまり副作用がないのですが、尿管が曲がりくねっている私の体では、予想はしていましたが、副作用として背中に激痛が走り続けるという事態が。手術後数日は特に問題なかったんですけど、ちょっと経ってからでしょうか、急に背中が痛くなって、ただの年で背中が痛む(40代超えた人には経験者が多いかと思います)のかなと思って、最初はシップを貼ったりしていたのですが、全然治らないし、加えて不思議な現象が。お昼起きている時は痛みが弱まってきて夜頃には少しの違和感しかなくなるのですが、一晩寝ると起き上がれないほど痛くなるという。最初は「俺は寝相がそんなに変なのか?」とか思ったのですが、ググってみたら尿管ステントが原因での背中痛があるとあったので、病院に電話して翌日に病院で検査を受けることに。ただ、この病院に検査に行くという事自体も次の悲劇の引き金に。(T_T)

それはさておき、病院で検査をしてもらったら、立っている時と寝込んでいる時で尿管の形が変わってしまっているようで、それで夜の間に悪化して痛むという。こんな所で昔の大手術の隠しワザが出てくるとは。これも、大腸が無い私特有の問題でして。まあ、手術する予定だし、それまで我慢しようかということで、痛み止めをもらって手術を待つことになったのですが、痛み止めをもらってもある程度は痛いわけで、睡眠もやっぱり浅くなってしまって仕事の集中力は低下しまくるという。手術するまでにやっておく予定の仕事が遅々として進まず。はい。この部分は納期が遅れてしまって、お詫びをさせて頂きました方々への言い訳です。すいません。m(_ _)mあと、ご理解頂いております皆様への感謝でございます。

そして、手術日の前日になったので入院することになったのですが。なんか、喉が少し痛いなと。急遽マスクをして、入院して先生にも「ちょっと喉が痛いので」と伝えた所、「腫れているね、風邪かな。」と言われて、「ちょっと困ったな〜」と。「ん?」と私が思っていた所、今回の手術は全身麻酔なので、息を自分で出来なくなるので人工呼吸器を付けるんですね。その時に喉が腫れていると人工呼吸器の喉に付ける部分が付けれないらしいんですよ。そうなると、半身麻酔で手術をしなくてはいけないらしくて、どうする?と。先生曰く「やったこと無いから分からないけど、痛い人は痛いと思うけど、痛くない人は痛くないと思うよ」とこれまた分かりやすい説明を受けて、私もこれ以上仕事が遅れるのも辛いと思って「我慢しますので、手術をお願いします。でも、本当に痛くなったら途中で止めてね。」という形で同意して手術をする方向で話が進んだんです。これだけでも、運が悪いなあ〜と言う感じなのですが、これだけで終わらないのが、ここ最近の私の不運さ。熱が何故か下がらないんですよ。37.5ぐらいだった熱が38.1ぐらいまで上がって、念の為にインフルエンザの検査もしてもらったのですが、入院当日は陰性。喉も腫れているので、ちょっと違うかなと。

と、痛みをガマンしないといけないと自分に言い聞かせつつも、熱が下がらずちょっとしんどい上に、背中の痛みが容赦なく襲ってきて、「でも負けない」とか思って翌朝になって、念の為のインフルエンザの再検査を行ったら『B型陽性』。(T_T)先生曰く「そういえば、この前診察に来た時、インフルエンザの患者さんが病院にすごい数来ていたんだよね。感染したのは、その時かな。」と。確かにその日は病院に行ったのに、3月だからと油断してマスクをしていなかった。今年のインフルエンザは3月も流行していたのでした。(T_T)

「インフルエンザだと、院内感染対策上、手術もできないし入院もできないから今日帰って。」と。私のあの固い決意も虚しく、すぐさま自宅療養へ。しかも、今回のインフルエンザ、高熱はある程度すぐに下がったのですが、微熱が収まらず。しかも、自宅の隔離部屋ので、子供達が近くにいるのに一緒に遊べないという悲しい時間。その上、背中の痛みが続いているしで、何も出来ないまま5日ほど病床に伏せっておりました。しかも、後半は血尿も出始めるし、心身喪失状態。1週間ほど寝たままだと、足の力も落ちてきて少し移動するのもしんどいという。一度、神戸に打合せに行くだけど、息切れするわ、血尿がひどくなるわで。でも、仕事もしなくてはいけないし。とあまり頭の使わない仕事をメインで1日ほどこなしつつ、再入院へ。

と本日に至るという感じです。
言い訳ですが、ほぼ1週間以上仕事らしい仕事が出来ていないかと。通常一日寝る時間と家族と過ごす時間以外は全て仕事をしているので、この仕事できない時間における損失はなかなかデカイものです。

本日、全身麻酔で手術が出来るのか、半身麻酔になるのか、まさにどういう形で手術するのか全くわからない状態です。

お分かりかと思いますが、今回のブログ、ご迷惑をお掛けした皆様へのお詫びも込めて、ある程度詳しく書かせて頂きました。こんな私ですが、手術が無事に終わった暁には、全力で対応致しますので、ご理解の上、よろしくお願い致します。

では、数日後に最終編になるはず、後編を書かせて頂きたいと思います。
それでは、しーゆー。

ブログを再開します。

ブログを再開します。

どうも、2016年になりました。と言う事で、心機一転、ブログをサーバー移行して再開することにしました。

今まで、がっつりとWordPress.comのサービスを使ったことがなかったので、実際に使ってみようかと。

色々と制限があるということは知っているのですが、やっぱり使ってみないとわからないですからね。

ということで、色々と情報を配信していこうかと思います。